t_sanyutei_main.gif
■第100弾 『草加にも美味しい甘味処できたよ』■


 今月号も100年企業さんのご紹介をお休み致しまして、いま草加市内外で
大変話題になりつつある草加市初の甘味をご紹介したいと思います。


 まず最初は、草加市初のかき氷専門店【ヤマト屋】さん。ヤマト屋さんは松
原ゴルフガーデンの中山恒産(株)さんが直営しているかき氷屋さんで6月1日
〜9月末(予定)までの期間限定店舗としてオープンした草加の夏の一時を満
喫出来る甘味処です。

 かき氷と言えば、昨今全国でも行列が出来る程のブームを巻き起こしている
甘味モノ。そこで草加市の活性化やまちづくりの話題として出来ないかと考え、
一年掛けて色々研究をしてオープンさせたのが【ヤマト屋】さんです。

 草加の地場産業品などを使用したかき氷などもあり、草加ならではのかき氷
が味わえるお店でもあります。

ヤマト屋のかき氷は『素材・食感・味』に大変こだわりを持ち、氷は純氷!
削りは薄く!シロップは手作り!と兎に角独自のモノをお客様にご提供してい
ます。一番人気は「いちごみるく(850円税込)」。

子供に人気なのは京都の製粉所から取り寄せたきなこがたっぷりかかった
「たっぷりきなこ(850円税込)」。定番・7種類の他に、二週間毎に替わる
「季節限定かき氷」なども楽しめます。
 



  オーナーの中山和昭さん(42才)は『草加市初のかき氷専門店として、ふわ
 ふわの氷と、こだわりを持って作ったシロップを是非ともお楽しみください』
 と笑顔で語ってくださいました。
 
  元々オーナーの曾祖父(母方)が野田市で天然氷屋さんを営んでおり、そし
 て母方のご実家が創業享保2年という野田の有名な漬け物屋「板倉」を経営し
 ていたことから、醤油を使用した「草加煎餅クリーム」や漬け物が乗った
 「甘酒みるく」などもあります。

 口の中に入れたら直ぐに溶けている<フワフワ感覚のかき氷>を食しに、
 獨協大学前駅で下車をして松原ゴルフガーデンにお越しください。
 
 
              * * *
 
 
  続いては3月30日に草加マルイ店1階にオープンした世界初の車型たい焼き
 ことブーブー焼きの【スムー】さんをご紹介致します。


  スムーさんは、"バターの香り広がる幸せの空間"ブーブー焼きとコーヒーの
 お店とし、そして人気陶芸作家・小堤晶子さんとの初コラボ製品として羽付き
 回転焼きを販売しているお店。

  スウェーデン語でバターという意味の言葉「スムー」を店名に付けた様に、
 クロワッサンでもパイでもないサクサクパリパリとしたバターの香りが広がる
 ブーブー焼きです。

  定番商品は「カスタードクリーム(230円税込)」と「おこのみ焼き風(240
 円税込)」を含めた6・7種類と他に1ヶ月毎に替わる季節限定を販売。特に
 人気ナンバー1の「おこのみ焼き風」は、中の具がお好み焼きと同じでキャベ
 ツがタップリと入り、食べて感覚が"たい焼き"というより"おやつ感覚"のお好
 み焼といった食べ心地。
 
 
 

 


 店長の田上菜々子さん(20代)は『素材にこだわり、お客様に喜んで頂ける 
商品をこれからも開発しつづけて行きますので、是非お越しください』と笑顔 
で語ってくださいました。

 谷塚・浅間神社斜め前で羽根付きたい焼きとして親しまれている「タイイチ
カフェ」の草加店として開店。タイイチカフェは羽根付きのたい焼きですが、
スムーはバター生地で焼くブーブー焼きで訪れるお客様に幸せをご提供して行
きますとの事。

焼き立てをご希望すればお時間を頂ければご提供可能で、店内でも食べられま
すし、お土産用としてお持ち帰りも出来ます。平日限定お得なセットや土日・
祝日限定お得なセットなどもあり、定番のカレー味は季節によって味が替わる
ので、訪れる楽しさが増えます。形も可愛い車型のブーブー焼き、是非とも食
べてみてください。



※谷塚の「タイイチカフェ」さんは7月中旬にお店を閉め、「スムー」1店舗
 でご提供との事です。

 

 


【ヤマト屋】
草加市草加3−8−20
(松原ゴルフガーデン駐車場)
048−954−8305
11時〜ラストオーダー17時 
定休日・木曜日



【スムー】
草加市高砂2−9−1
草加マルイ1F
048−951−3347
10時30分〜20時
定休日・草加マルイ店に準ずる




(C)2000 The Soka Chamber of Commerce & Industry. All rights reserved.
E-mail:
sokacci@sokacity.or.jp
三遊亭春馬プロフィール