t_sanyutei_main.gif
■第89弾 『屋号は、上総屋』 かまや釣具店■

 どの企業・どのお店にも歴史ありってぇ事で、今月は草加市内に在る"100年
(100年以上)企業"さんのご紹介!!
 草加駅東口、駅前通りから市役所へ向かう旧道沿い、武蔵野銀行ちょいと手
前の左側に在ります【かまや釣具店】さんをご紹介致します。
 青い看板に白い文字、店の前には釣り用品・魚篭がぶら下がり、ガラス張り
の扉からは店の中が拝見出来るという歴史を感じるお店。
 扉を開け中へ入って行くと天井には投網のオブジェ。
 店内には海釣り・川釣りの用品が所狭しと陳列されています。
 そんなかまや釣具店さん、元は金物屋さん。
 屋号を上総屋(かずさや)と言い、初代が上総国(千葉県)から出た方。

 いつから草加の地でご商売を始めたかは詳しく分らないそうですが、ただ草
加市が保存している明治34年の資料に寄りますと、【上総屋・金物屋】と載って
いるのが確認出来ますので100年超えている事は間違い有りません。
 その昔のお話をお伺いしますと、初代は春日部の金物屋さんで番頭を務めて
いた方との事。
 独立をされ草加の地でご商売。
 昔は敷地内にトロッコの線路があったそうで、当初は金物屋と言っても売る
だけでは無く、店の奥に工場が在り鍛冶屋のような仕事をやっていたり、半鐘
などを作っていたのではないか!?と言います。
 二代目は金物屋さんを継ぎ、三代目の父・三之助さんの時代に、大変字が上
手いことから本業の傍ら、兵隊に行く方のタスキや幟の文字を書く仕事や、学
校の緞帳・優勝旗等を注文販売する「旗や」も始めたそうですが、その後釣具
屋さんを始めます。
 

 34年前から現在のご主人がお店を切盛りするようになります。
 そんなかまや釣具店さんの四代目の新井大作さん(79歳)に100年企業の秘訣
をお伺いしたところ『先祖が住み着いた土地で受継いで来たものを守る気持ち
を大切にしてきたからこそ、商売を続けて来られたと思います』と笑顔で語って
くださいました。
 海・川両方の釣具を販売しておりますが、お店を見ると『川釣り専門店』と
言っても過言でもないような。
 とくに【へら鮒】用品は3000アイテムを優に超えている感じがします。
 竹素材(矢竹)は一節400円。
 カーボンの釣り竿「紀仙峰(並次 峰月)」は1尺1000円。
 特価・サービス品などと書かれた竹竿やカーボン竿は、釣りファンには涙が
湧き出てくる程のお安さ。

 他にもブラックバス用のルアーを始め、竿・針・浮きなど品数豊富ですので
釣り好きには堪らないお店ですよ。
 しかも大手の釣具店では、もう手に入れることが出来ない貴重な商品にも出
会える可能性が有りますので、この機会に是非とも行って見て下さい。
 なにかお宝が釣れるかも知れませんよ。

かまや釣具店
 草加市高砂2−21−4  
 048−922−3570
 10時〜18時30分  定休日・第3木曜日

(C)2000 The Soka Chamber of Commerce & Industry. All rights reserved.
E-mail:
sokacci@sokacity.or.jp
三遊亭春馬プロフィール