t_sanyutei_main.gif
■第77弾 『歴史ある家系』■
 どの企業・どのお店にも歴史あり。ってぇ事で、今月も草加市内に在る
"100年(100年以上)企業"さんのご紹介!!
 今月ご紹介致しますのは【巨井事務所】さんです。巨井事務所さん
は、旧道(宿場通り)沿いに在る保険屋さん。『富士火災海上・東京海上
日動火災・東京海上日動あんしん生命』と数多くの保険を扱っている保険
代理店さん。先代で義父である川井護久さんが65年前に保険会社に務めた
のが始まりで、昭和52年・代理店として独立し、昭和60年巨井事務所と
して法人成りし現在へと続いています。ところで、実は川井家の歴史が凄
い!!十三代目当主の護久さんがお亡くなりになった後に出て来た家系図
によると川井家はもともと那須姓で、系図の始めに御堂関白藤原道長の孫
にあたる上野之介通家ノ男"と書かれており、天治二年
(1125年・平安時代後期)からの家柄と判明したのです。



 川井姓の初代は永正八年・相模にて川井太郎資康と名乗り、二代目は農
業をしていたようです。三代目は秀吉の小田原攻めの合戦にて戦死。と、
歴史を感じさせてくれます。五代目の家族にはお坊さんになった方がいた
り、七代目の家族からは籐五郎さん(寛政頃)と言う方が相撲取りになっ
ていたりと。十代目(幕末期)では、ご近所の真壁時計屋さんから養女に
来られ十一代目と続いて行きます。つまり、十代目の頃にはすでに草加に
住んでいたことがわかります。十一代目は川井久蔵商店"梶新"という屋号
で荒物・印刷業を始め、十二代目へと引き継がれますが、その後荒物専門
の商売となり、十三代目で保険業となります。八代目から十二代目までの
当主は代々久蔵と名乗っていたようです。そして現取締役・川井大輔さん
が十四代目当主となります。

 


 大輔さんは元々、大手硝子メーカーに勤めていたサラリーマン。そこで
奥様と知り合い社内結婚をし、川井家に入り昭和55年に保険業に転職、昭
和60年に代表となり、仕事に、地域の事にと精を出すようになります。そ
んな大輔さんは『当店では、昔からのお客様が多く、信用第一と心掛け保
険業を営んでおります。人と人との繋がりを大切にし、地域にお返しをし
ていきたい。』と、笑顔で語ってくれました。一方でボーイスカートの指
導者として草加市ボーイスカート連絡協議会会長も務めている大輔さんで
すが、奥様の千惠子さんも地域の方々との繋がりを大切にされている方で、
日本最初の健康体操・万病克服の体育療法『自彊術』を指導している先生
なのです。

 


 呼吸法で心身のバランスを整え、イキイキとした生活を送るための健康
寿命を守る自彊術。17年前に始めた自彊術は、今や川井教室として16教室
を開く指導者に。商売とは別に地域の方々とふれあう事を大切にしている
川井さんだからこそ、保険のことも親切丁寧に相談に乗ってくれるのでしょ
うね。

巨井事務所
草加市高砂2−18−42
048−922−2832(代)

自彊術・川井教室
お問合せは、
090−9001−6125

(C)2000 The Soka Chamber of Commerce & Industry. All rights reserved.
E-mail:
sokacci@sokacity.or.jp
三遊亭春馬プロフィール