t_sanyutei_main.gif
■第65弾『燃料の事なら なんでも』巨井商店■
 どの企業・どのお店にも歴史あり。ってぇことで、今月も草加市内に
在る“100年(100年以上)企業”さんのご紹介です!!今月ご紹
介致しますのは、明治40年頃から固形燃料販売業としてご商売を営ん
でいる(有)染井商店さんです。(有)染井商店さんは、足立区・南千住駅
の貨物引線構内で当時『黒いダイヤ』と呼ばれていた燃料“石炭”の業
務用卸売りとして産声を上げました。



 その後、二代目の時に草加市瀬崎町に事業所を開設し、昭和25年
に現在の高砂2丁目に拠点を移して"燃料のスーパーストア"(有)染井
商店として新たに営業開始となったそうです。燃料のスーパーストア
というぐらいですから取り扱っている燃料の種類も多く、開店当時か
ら販売している石炭はもとより、木炭・薪・コークス・練炭・まめ炭
といった固形燃料から、灯油・プロパンガスといった液体・気体燃料
まで。そんな染井商店(屋号は上総屋)さんは草加駅東口交番の北側、
森田医院さん入り口の前に在ります。昔懐かしいガラス戸を開けると
お店の中には岩手産の木炭が所狭しに積んであり、奥には歴史を感じ
る半纏が掛かっていた。

 

 初代が貨物引線構内で大八車を使っての配達営業から始まった当店
は、昭和30年頃までその半纏を羽織って大八車で配達していたとい
う。しかし、石炭をはじめ煙の出る燃料は公害問題などの関係から需
要も次第に減っていった。三代目・四代目が時代の流れと共に変わっ
て行く日本の燃料需要にその都度対応をしていった結果、平成22年
には「安全・安心を守るため」「お客様がガスを安全に使って頂くた
めの点検などをしている」などの事で、"高圧ガス保安"にて経済産業
大臣から表彰を受けております。そんな四代目の秀雄さん(86歳)
は『真面目にコツコツ。お客様の事を大事に考え、お客様を大切にす
る事によって100年以上燃料販売を続けることが出来ました。
 

sanyutei_s140810c.gif

 これからも新しい燃料が見つかればいち早く販売して行きたいと思
います。我が社は"商社"ではなく"小社"としてお客様の為に働いて行
きます』と笑顔で語って下さいました。家庭用・工業用・飲食店の業
務用・公共機関まで、様々なお客様の要望に応えて販売している当店
の燃料。ただいま五代目となる予定の直人さんも店を切盛りしており、
平成18年からは『燃料スーパー上総屋』としてインターネット販売
も始め、北は北海道から南は沖縄・石垣島までお客様が広がっている
という。近頃ではガス関係器具としてガスコンロや湯沸かし器といっ
た家庭用機器なども販売。さらに住宅リフォーム事業全般にわたる営
業も始め、お客様の住み良く使い勝手の良い住環境をコンセプトとし
て実施しているとのことです。一方では、最近流行の七輪焼やバーベ
キューなどにより、一般家庭でも再び七輪や炭などの需要が増えて来
たそうです。
 なにか燃料関係に困った事があったら染井商店さんへ行けば直ぐに
見つかるはずですよ。


(有)染井商店
草加市高砂2−11−12
048−922−2452
営業時間 9時〜18時(日曜・祭日定休)
(C)2000 The Soka Chamber of Commerce & Industry. All rights reserved.
E-mail:
sokacci@sokacity.or.jp
三遊亭春馬プロフィール