t_sanyutei_main.gif
■第63弾 『明治からの油屋さん』 あさひサービスステーション■
 どの企業・どのお店にも歴史あり。ってぇ事で、今月も草加市内に在
る“100年(100年以上)企業”さんのご紹介です!!
 今月号ご紹介致しますのは、明治時代から現在まで油の販売を続ける
会社・(有) ハイブリッヂコーポレーションさん。
 

 明治19年2月、青柳に住んでいた曾祖父が神明町に高橋油店として
油屋を開業したことからご商売の歴史が始まります。その歴史はなんと
129年。その当時の油屋さんというと、なたね油(行灯の油)・つば
き油(ポマード)をはじめ、ローソクや灯油などを販売していたそうで
す。その後時代の流れと共に食用油・機械油・自転車油・ガソリンなど
を販売することに。昔のガソリンスタンドと言うと、ガソリンタンクが
そのまま横向きに設置され手作業でガソリンを汲み出し、販売していた
という光景です。覚えている方も多いと思いますが。そして34年に三
代目社長でもある父・寛三さんが旭町の地に自宅とスタンドを同じ敷地
内に建て、昭和シェル石油の販売店となり、本格的にガソリンを販売す
る現代のガソリンスタンドをオープンさせました。そして昭和30年代
半ばに消防法が変り、ガソリンなどの販売形態の変更を余儀なくされた
ため、神明のお店を閉め、現在のスタンド一店舗となります。
 


 平成4年、東京外環自動車道の建設と同時に自宅を取り壊し、店舗改
装、広々とした待合室を作り、訪れるお客様に笑顔で接客しております。
そんな『あさひサービスステーション』さんは、旧四号線(足立越谷線)
と外環道下(国道298号線)が交差した旭町2丁目交差点の角に在る
お店。スタンドに入ると6台同時に給油出来る給油機と洗車機1台がお
客様をお出迎え。ガラス張りの待合室は、広々とした明るい空間が広が
り、正面には海水魚が泳ぐ水槽が置かれ、運転される方々の心のオアシ
スを演出。そんな四代目の高橋通泰社長は『昔からのスタンドが次々と
店を閉め、いま半分に減ってしまいました。当社がなんとか営業してい
けるのは、昔からのお客様がいらしてくれるからで、人と人との繋がり、
温かい接客に心がけています。 

sanyutei_s140610c.gif
 これからもお客様に愛されるスタンドでありたいと思います』と笑顔
で語ってくれました。スタンドの片隅には昭和40年代当時の面影を残
すため【一坪の庭】が。三代目が大切にしていた庭石に楓といった小さ
な小さな庭園。今では消防法の一定の制限がありますが、規制前に造ら
れたため現存し、『あさひサービスステーション』のシンボルともなっ
ています。給油や洗車の際には、ローソンやケンタッキーでも使える
ponta(ポンタカード)にポイントが貯まりますので、フルサービ
スのスタンドが好きだ!という方にはオススメのスタンド。昭和の雰囲
気が残る『あさひサービスステーション』是非一度行ってみて下さい。
そして皆様、今日も心にゆとりの安全運転でお願い致します。

(有)ハイブリッヂコーポレーション
草加市旭町1−2−6
048−931−5941
7時〜20時・(日曜・祝日は8時〜19時)

(C)2000 The Soka Chamber of Commerce & Industry. All rights reserved.
E-mail:
sokacci@sokacity.or.jp
三遊亭春馬プロフィール