t_sanyutei_main.gif
■第57弾 〜本物のちゃんこ料理はいかが!?〜■
 今月号は、草加市内に在る"100年(100年以上)企業"さんを
お休み致しまして、100年以上続いている日本の国技【大相撲】
で元力士として土俵に上がっていたお相撲さんのお店を二軒ご
紹介致します。草加市内には元角界で働いていた方々が割りと
多く住んでいらっしゃるそうで、会員さんの中にも数名の元お
相撲さんがいらっしゃるそうです。その中にあの東日本大震災
の前日(平成23年3月10日)に清門町にてお店をオープンされた
方がいます。それが元幕下力士で結びの一番の後の弓取り式も
務められた北斗旭さん(本名・平鉄治さん 元大島部屋)のお
店『食楽 旭道山』さんです。

 平さんは元々越谷市南町にて『縁』と言うお店を経営されて
おりましたが、兄弟子である元小結・旭道山関のご親族が経営
していたお店を閉店すると聞いて、兄弟子の名前を頂き『食楽
旭道山』をオープンしたそうです。お店は、入口から木の温も
りを感じさせてくれる優しい感じ。店内に入るとカウンター席・
仕切りの付いた座席席・禁煙個室席1部屋の広々とした空間が
広がり、壁一面には力士の手形や大相撲の本・ポスターが飾ら
れ相撲ファンには堪らない雰囲気となっております。オーナー
の平鉄治さんは『ちゃんことは、力士が作る食事のことで、刺
身も焼鳥もサラダも、もちろん鍋も力士が作れば全部ちゃんこ。
本物のちゃんこ料理をご賞味下さい』と笑顔で語ってくれまし
た。そんな平さんのオススメはイタリアン風の塩ダシベース
『とまとスープちゃんこ(1人前2,200円)』。トマトと塩ダシ・
具材がマッチした新感覚のちゃんこ鍋。若い女性などにも大人
気との事。1人前でも2・3人前は入っている食楽 旭道山さんの
ちゃんこ鍋、1人分でも大丈夫ですので是非ご賞味下さい。他
にも銘柄鳥を使用した備長炭で焼く焼き鳥や旭道山PIZZA・
ステーキサラダなどなどお薦め料理ばかり。お食事の〆には笑
顔がこぼれる【おにぎり】なんていかがでしょうか!?

 そして金明町にも元お相撲さんが経営されているお店があり
ます。『旬魚料理 地蔵屋』さん。地蔵屋さんのオーナー・堀
江勲さんも元大島部屋のお相撲さん。力士としては短命だった
そうですが、当時の横綱・旭富士関(現伊勢ヶ濱親方)の運転
手として角界に。その後、先輩のちゃんこ鍋屋さんや割烹料理
屋さんで料理人としての修行を長年積んでこられたそうです。
その中でも大阪の割烹料理屋さんの親方との出会いが衝撃的と
なり、その精神で今もお店を切盛りしているとの事。店内に入
るとカウンター席9席・座敷席7席という広々とした空間。貸
切宴会なら50人は座れると言う。席に座って直ぐに出てくる
お通しにはこだわりがあり、本格割烹料理屋さんのようにお通
しはきちんと3点盛りを出してお客様をお迎えするという。
 兎に角新鮮な魚貝類や揚げ物・お肉など色々食べさせくれる
お店として大人気。富山県氷見市から直送される取れたての旬
の魚は食べたお客さんの口を喜ばせてくれます。馬刺し・鶏肉
は熊本県産。

 そんなオーナーの堀江勲さんは『注文の際、まず最初に焼き
物・揚げ物から行きますと、舌のあたり(味付け)がなれすぎ
て、まずは和食でお造りなど冷たいものからご注文して下さい。
うまい魚を食べてやって下さい』と割烹で仕込まれた堀江さん
は笑顔で語ってくれました。そんな地蔵屋さんの看板お姉さん・
玉ちゃんのオススメが『エビの唐揚げマヨネーズ(980円)』。
肉が詰まったプリっとした大きなエビの唐揚げとマヨネーズが
生み出すハーモニーは食べた人のお口に笑顔を作り出す逸品で
す。他にも割烹仕込みの松前寿司や名物となっているタンのデ
ミグラスシチュー、もちろん鍋物もご用意。ビックリジャンボ
サイズな物もありますので足を運んでみて下さい。草加市内に
在る元力士が作り出す【本物のちゃんこ】一度ご賞味下さい。


 『食楽 旭道山』
 清門町256
 048−943−5589
 17時30分〜23時(火曜日定休)
 駐車場・店舗上

 『縁』
 越谷市南町3−18−35
 048−986−1944
 月曜日定休

 『旬魚料理 地蔵屋』
 金明町246−10
 048−932−1414
 17時〜3時(平日)
 17時〜1時(日曜・祝日)
 木曜定休
 駐車場・数台あり


(C)2000 The Soka Chamber of Commerce & Industry. All rights reserved.
E-mail:
sokacci@sokacity.or.jp
三遊亭春馬プロフィール