t_sanyutei_main.gif
■第53弾 『幸せのひとときの創造』平塚製菓■
 今月も草加市内に在る"100年(100年以上)企業"さんの
ご紹介です!! 第4弾は、草加市八幡町でチョコレート
を作っている会社『平塚製菓梶xさんをご紹介致します。

 
 平塚製菓鰍ウんは、【幸せなひとときの創造】という理念
を大切に守りながら創業110年を超えた企業さんです。
初代(栄冶郎氏)は京都の豆腐屋さんで産声を上げたご長男。
しかし、豆腐屋という家業は継がず、和菓子屋さんに奉公に
出て、1901年(明治34年)和菓子屋を開業してしまったと
いう。まさにこの時、平塚製菓の第一歩が始まりました。そ
の後、昭和6年に東京都下谷区入谷に移転をし、昭和20年
入谷町に約40坪の土地を購入して工場を建て、羊羹・引き
飴・ゼリーを中心に 代用チョコレートを作り始めたそうで
す。昭和23年二代目・馨氏により平塚製菓株式会社が設立
され、"これからは洋菓子の時代"と考え、本格的にチョコレ
ートの製造を始めました。昭和36年7月には、工場拡張の
ため草加市八幡町に移転をし、ウェハースやキャンディ・ク
ッキーなど幅広い御菓子類の製造にも力を入れ始めました。
平成2年、現社長の平塚正幸氏が三代目に就任し、平成12
年には、生産のほとんどをOEM生産(委託生産)に経営戦
略を切り替え、平成24年には、更なるお客様の要望に応える
ための新生産体制を整えるべく、新工場が竣工され現在に至
ります。

 さて、平塚製菓さんのチョコレートと言えば、デパート
・スーパー・小売店などでも販売をされていた昭和を代表
するチョコレート。その頃有名なのは、食べるとだれもが
自然と笑顔がこぼれ、幸せな気持ちになる、当時“おじい
ちゃん・おばぁちゃんのチョコレート”と言われていたク
リームチョコの【玉チョコ】や、銀紙が撒かれていた細長
いチョコレート【フィンガーチョコ】などがあります。い
まはOEMとなり自社ブランドのチョコレートはスーパー
や小売店などではあまり見かけなくなってしまいました。


 
 三代目の正幸社長(63歳)からは『機械力50%。人間力
50%。人が宝! 社員の皆さんが平塚製菓のブランドなの
です。和菓子50年。チョコレート50年。今、OEM生産が
始まりました。いつまでも暖簾に胡座をかいていたらお終
い。毎日毎日新しい事を考えて進んでいたら110年です』
と、100年企業が愛されて行く秘訣を聞いたのと同時に、
時代に有った対応力と開発力、そして真の通った経営理念
を教えて頂いた気が致します。代々の経営者の方々は、御
菓子という甘い物を通して人々に『幸せのひとときを与え
る』を胸に御菓子創りをしてきたようです。
 現在平塚製菓鰍ナは、毎年9回工場直売セールを行って
おり、毎回約50種類のチョコレート菓子・パウンドケーキ
・クッキーなどを午前・午後の二回に分けて販売し、数多く
の平塚製菓愛好家に大変喜ばれているそうです。また、日々
平塚製菓のチョコレートを味わいたい方々のために自社工場
にて久助チョコレートや数々のチョコレートを販売しており
ます。みんなが幸せになれる平塚製菓鰍フチョコレート、
ちょいと食べてみませんか!?

平塚製菓株式会社
草加市八幡町628  048−931−5566(代)
土日祝日お休み
http://www.hiratsuka-seika.co.jp

※次の工場直販セールは10月5日との事ですので、
ホームページをご確認の上、足を運んでみて下さい。


(C)2000 The Soka Chamber of Commerce & Industry. All rights reserved.
E-mail:
sokacci@sokacity.or.jp
三遊亭春馬プロフィール