会員事業所訪問シリーズ「三遊亭圓雀のおじゃまします」
■株式会社 ニッテクレス■
抜型加工 製造販売の

令和2年6月号
 
 
iso
画像1  
株式会社 ニッテクレス

 代表取締役 澤口 布功満 さん

  住  所:草加市青柳8−44−9   電話番号:048−935−1901                       


  会員の皆様こんにちは。今月も『三遊亭圓雀のおじゃまします〜』のコーナー
 がやって参りました。今月号は青柳8丁目に在ります紙器の抜型加工・製造販売
 の会社【潟jッテクレス】さんにおじゃまして来ました。それでは皆様、おじゃ
  まします。おじゃまします
  
画像2

画像3
  潟jッテクレスさんは、そうか公園西側・八條用水近くに在る抜型加工 製造販売
 会社さん。緑色の外壁と飲料水自動販売機、そして入口に飾られている“彩の国指定
 工場の看板”が有るので直ぐに分かると思います。建物は二階建て。一階が工場で二
 階が事務所。商談場となるフロアには、当社が作った抜型を使用した製品(化粧箱や
 キャラクターグッズ)が飾られており、どれもこれも誰もが知っているものなので思
 わず見入ってしまいます。昭和41年に宮城で農業をしていた初代・寅治さんに、印刷
 業者の友人が多かった事から紙器打抜き加工会社を東京都葛飾区にて設立。昭和46年
 に草加市に移転され、昭和50年・創立。昭和54年・現在地に移転され、紙器抜型加工
 の製造販売として多くの抜型が作られています。昨年度は7920個の型が各企業さんの
 化粧箱(パッケージ)などとして使用されています。


  抜型とはなんぞや?と思う方もいると思いますが、早い話は、化粧箱を作る
  時の基となる型です。依頼主から展開図面を頂きその通りに板にレーザーカッ
  トで形を焼入れ、その上から自動刃曲機で作られた刃を一つ一つ丁寧に手で打
  ち込みます。その後刃の回りにスポンジやゴム・コルクを付ければ型の出来上
  がりとなります。なんとなくお分かり頂けたでしょうか!?当社の技術はドイツ
  製の最新機械を使用しているため、刃を”C型“”U型“にブローチングが出
  来るそうで、これは日本では数社しか出来ない技術と言います。45年以上の確
  かな実績と経験をもとに7人の職人さんの手による良質の抜型を短期間で製作し
  ております。最短納期・3時間ぐらいで製作する事もあると言うから驚きです。
  専務取締役 業務部長の澤口稔さんは『面白い企画やあんなものを形にしたい
  な!?と思った時には、是非弊社にご相談下さい。一期一会にならない様にお客
  様と共に歩んで行きます』と笑顔で語ってくれました。草加商工会議所の展示
  もブースに当社の製品が飾られておりますので、お越しの際にはご覧下さい。
  確かな職人の技術と多様な機械で、あらゆる種類の打抜機の抜型に対応してく
  れる事でしょう。
 
 


map
(C)2000 The Soka Chamber of Commerce & Industry. All rights reserved.
E-mail:
sokacci@sokacity.or.jp
三遊亭春馬プロフィール