会員事業所訪問シリーズ「三遊亭圓雀のおじゃまします」
■外CEAN FRONTIER(オーシャンフロンティア)■
〜船の事なら〜

令和元年7月号
 
 
 
外CEAN FRONTIER(オーシャンフロンティア)

 代表取締役 時田 貴史 さん

  住  所:本社 草加市稲荷2−35−7        工場 川口市東本郷1−5−20   電話番号:048−930−0901   営業時間:8時30分〜17時   定 休 日:火曜        



  会員の皆様おはようございます。さて今回は、船の事なら何でも相談出来る
 【オーシャン フロンティア】さんにおじゃまして来ました。それでは皆様、
 おじゃまします。おじゃまします。
 

  オーシャン フロンティアさんは、本社は草加市、工場を川口市東本郷に構
 え、主に昼間は船のメンテナンス、夜は船の修理をしている企業さん。新木場
 にあるマリーナの事業運営を任されていた父親の背中を見て育ってきた社長さ
 ん。
 
 子供の頃から父親と同じ船の仕事に関わっていきたいと思っていたそうで、短 
 大卒業後、船を造る会社に入社。約22年間勤め、4年前に独立し、毎月10
 隻〜20隻の関東近郊に停泊してある個人所有船の整備・点検・清掃などを行
 い、他にも有名テーマパークなどで使用されている船のメンテナンスもしてい
 るそうですよ。

 
  


 
  そんな当社の工場にお邪魔すると溶接機2台・切断機・プレス・グラインダー
 など9台の機械が並んでおり、取材当日は、約15・16メートルある釣り船
 (20人〜30人乗り)のエンジン3機を修理していました。エンジンが故障し
 てしまうと停泊場所からクレーン付きトラックで運んで来て1〜2か月の修理
 となるそうです。
 
 他にも保守管理として外装・内装・電装品、そしてハル(船体の下の部分)の
 特殊塗装の塗り替えなど様々な業務を行う当社。船の販売もしており、船を購
 入したお客様には楽しみ方を知っていただける様にと同行し海上を案内・操船、
 サポート・ガイドなどもしているそうです。
 
 船上では『シーマンシップで振る舞う』という言葉があるそうで、船長をキャ
 プテン・補助をする人をクルー・そしてお客様をゲストと呼び、海上では海上
 でのマナーとルールがあり、そうした指導もしているそうですよ。



  代表取締役の時田貴史さんは『近年、船に対して若い人が興味を持たなくなり、
 マリン業界としても寂しくなってきました。当社は船のソフト面・ハード面も含
 めすべて指導しておりますので、少しでも興味を持って頂ければと思います』と
 笑顔で語ってくれました。
 
 クルーザーなどにご興味があります会員さんは、この機会に是非ともオーシャン
 フロンティアさんにご相談してみては如何でしょうか!?
 
 草加市周辺にはマリーナがありますし。
 

 
 


(C)2000 The Soka Chamber of Commerce & Industry. All rights reserved.
E-mail:
sokacci@sokacity.or.jp
三遊亭春馬プロフィール