会員事業所訪問シリーズ「おじゃまします」
■自然と共存できる家づくり ■
〜 ゼロエネルギー住宅の時代へ 〜
 
 
 
株式会社 風間工務店
 代表取締役 風間 利高さん
(写真右から2番目)
 住  所:草加市旭町1−1−8   電話番号:048−936−5117  FAX :048−935−6232  営業時間:午前9時〜午後6時  定 休 日:毎週水曜日  URL :http://www.kazamakoumuten.com

 
 今月は、旭町の『兜頼ヤ工務店』さんにおじゃましました。
 「できるだけ自然のエネルギーと素材を利用して、人にも環境にもやさ
しい家をつくりたい」と代表取締役の風間利さんは話します。
 当社は、昭和2年に初代風間伝蔵氏が宮大工の棟梁として、草加新田の
地に工務店を開いたのが始まりでした。2代目の風間茂氏は、10数名の
大工さんと共に、経済成長期の中、新築住宅の需要に応えてきました。さ
らに、一級技能士としても、多くの若手職人の育成に力を注いできました。



 現在は、3代目となる利さんが一級建築士として、新築・リフォーム
の設計や暮らしのデザインを提案し、施工には、信頼できる市内近隣の職
人さんと連携して、お客様の満足に努めています。
 当社では、"自然と共存できる家づくり"をめざし、様々な省エネ工法や
設備の提案をしています。例えば、構造の劣化を防ぎ、夏の湿気や冬の結
露から建物そのものを守る「外張り断熱工法」や、地中の熱を利用して天
然の冷暖房効果を発揮し、地震にも強い「蓄熱床工法」、「太陽光発電シ
ステム」などを組み合わせれば、光熱費を差し引きゼロに削減でき、長持
ちで快適な住まいが実現できます。当社設計施工による住宅が「ゼロエネ
ルギー住宅」(注)として国土交通省から認定されています。


 また、長く住んだ家は、新築のために全てスクラップとして処分するの
ではなく、リフォーム工事により、使える土台や柱はできるだけ使用し、
断熱や耐震を施すなどして、省エネ住宅へ生まれ変えることも可能です。
風間さんは、「古くなった木造住宅の再生は、地球環境維持のためにも大
切。技術と経験を持つ私たちの様な工務店だからこそできる分野です」と
話しました。
 このような当社の環境への取り組みは、平成23年度埼玉県環境建築住
宅賞の優秀賞や平成25年度草加市まちなみ景観賞2部門受賞となって認
められました。

 「建物の素材」、「空間デザイン」、「エコロジー」そして「住む人の
心地良さ」全てが「自然であること」これが私たちの家造りの原点です。

(注)
ゼロエネルギー住宅
省エネ法に基づき、消費するエネルギーと同等のエネルギーを作り出す住宅

 
 


(C)2000 The Soka Chamber of Commerce & Industry. All rights reserved.
E-mail:
sokacci@sokacity.or.jp