会員事業所訪問シリーズ「おじゃまします」
■着る喜び、着て出かける楽しさ
〜ひとりで綺麗に着付けができます〜■
 
 
 
典雅(てんが)きもの学院谷塚校 ―まるやまグループ―
 校長 山崎 享子(みちこ)さん

 住  所:草加市谷塚1−2−34−ヴァミラス3階   
 電話番号:048−929−6670
 営業時間:9:00〜18:00
 (外出の場合もありますので、先に電話をいただければ幸いです)
 授業時間:10:00〜  13:00〜
      15:00〜  18:30〜  
 定休日 :日曜・祝日

 今月は、谷塚駅東口前の典雅きもの学院谷塚校さんにおじゃましました。
 「着物を着る喜び、着て出かける楽しさを多くの方に伝えたい」と校長の
山ア享子さんは話します。
 着物はぜひ着てみたいけど自分で着られない∞着物は高価≠ネど多少
誤解されたイメージがあると山アさんは感じてきました。着物は、古来より
日本人にとって正装であると同時に普段着でもあったはず。もっと気軽に自
由に着こなしても良いのではないかと考えています

 当校では、「自分で着物が着たい」と希望する初心者のための『ふれあいコ
ース』(1回500円)を設けています。全15回(7,500円)を受講さ
れた方には、修了証の他プレタ着物又は二部式襦袢のプレゼントも行っていま
す。さらに、専門的に学びたい方には、資格取得コースもあり、経験豊かな1
0名の講師が基本から応用まで丁寧に指導しています。
 また、着て出かける楽しさ≠実感してもらうため、定期的に着物で参加
の食事会やパーティを催しています。
 参加者からは、「女性同士世代を超えた交流が楽しめ、普段とは違う自分に
もなれました」と好評です。

  
 
 最近では、女性の海外赴任や留学などが盛んになり、「海外で着物を着たい」
という方が増えているそうです。また、日本の伝統的な文化が見直されている
中、着物の美しさは、むしろ外国人から称賛されているようです。
山アさんは、「単に着付けだけでなく、着物の基本についてきちんと学ぶこと
が大切。多くの方に着物を着ていただいて、共に日本人らしさやおもてなしの
文化を再認識したい」と話しました。 
 

 着物を着るとあなたの新しい世界が広がります。たんすの奥にしまい込んで
いる着物を着て外へ出かけましょう。 

                           谷塚校 講師一同 


(C)2000 The Soka Chamber of Commerce & Industry. All rights reserved.
E-mail:
sokacci@sokacity.or.jp