kenkou_bunner.gif
■ 第130回 健康診断を活かす ■
〜知っておきたい「健康診断の基礎知識」その90〜

医師 小澁 陽司
     
 今号と次号では、腎腫瘍(腎臓がん)の詳細についてお話しします。

 腎臓に発生する悪性腫瘍にはいくつかの種類があり、尿を産生する腎実質とい
う部分にできるものを「腎細胞がん」、産生された尿を集める腎盂という部分に
できるがんを「腎盂がん」と呼んでいます。
 このうち、腎細胞がんが全体の約90%を占めているため、臨床的には通常、
腎臓がんと言うと腎細胞がんのことを意味します(また、腎実質にできるその他
の悪性腫瘍として、『ウィルムス腫瘍(=腎芽腫)』というものもありますが、
これは小児にのみ発生するがんであるため、今回、詳細は割愛します)。
 本稿では、これから主として腎細胞がんのことを述べていきますので、ここで
本当に簡単ではありますが、「腎盂がん」について手短に説明しておきましょう。
 腎実質で作られた尿は、腎盂に集められたあと細長い尿管を経由し、膀胱へと
運ばれます。この腎盂と尿管から発生するがんが腎盂がん(腎盂尿管がん)で、
症状としては肉眼ではっきり分かる無痛性の血尿が有名です。腎細胞がんと違い、
膀胱がんの合併率が高いのも特徴のひとつですが、発症リスクとして喫煙との関
係がきわめて濃厚であることでも知られています。治療は、外科的手術および抗
がん剤を使用する化学療法が主流となっています。

 それでは、お話を再び腎臓がん(腎細胞がん)に戻しましょう。
 腎臓がんが発生するはっきりした原因は、残念ながらいまだに解明されており
ません。しかし以前から、腎臓がん発症の危険因子として、肥満、喫煙、高血圧
などが有力だということは分かっていました。これらの危険因子を持つ方は、健
常者と較べて最大で4倍ほど発症率が高くなるというデータがあり、該当される
方は生活習慣の是正が推奨されています。
 さらに、女性よりも男性に多く発症し(男性の発症率は女性の約2〜3倍)、
50歳代以上の方に好発すること、また、腎不全のため長期間にわたり人工透析
をお受けの方や、特定の遺伝性疾患をお持ちの方にも高い確率で発症することが
知られています。

 さて、皆様が一番気になるはずの腎臓がんの症状ですが、先述したように今や
腎臓がんは無症状で偶然発見されることが多く、特に直径が5cm以下のものであ
れば症状はほとんど何もありません。しかし、がんが進行すると、「3大症状」
と呼ばれる症状が出現することがあります。
 それは、血尿、腹部のしこり(腫瘤の触知)、腹痛(脇腹の痛み)の3つです。
ただし、すべての症状が揃うことは滅多にありませんので、気になる症状が一つ
でも認められた時は、必ず泌尿器科または内科をご受診いただき、精密検査をお
受けください。
 また、腎臓がんがさらに進行すると、食欲不振、体重減少、発熱、倦怠感など
が出現し、さらに他の臓器への遠隔転移を起こしている場合には、その部位にも
症状が出現します。転移先として多いのは、肺、骨、脳、副腎、肝臓などですの
で、なるべく早くがんを発見するためには、日頃からの体調のセルフチェックが
重要となります。

 次号ではいよいよ、腎臓がんの早期発見における腹部エコーの重要性をご説明
したいと思います。


(C)2000 The Soka Chamber of Commerce & Industry. All rights reserved.
E-mail:
sokacci@sokacity.or.jp
バックナンバー