kenkou_bunner.gif
■ 第93回 健康診断を活かす ■
〜長引く咳についてA〜

医師 小澁 陽司
     
 「長引く咳」の原因となる呼吸器感染症について、引き続き解説します。

今回は、百日咳についてのお話をいたしましょう。まずは、以前より解説
されている百日咳の一般的なお話から。

昔から百日咳は、乳幼児の罹患率が圧倒的に高いことで知られる呼吸器感
染症でした。このため、子供のそばにいる大人がその症状を注意深く観察
してあげなければいけない疾患ということになります。
 百日咳を発症した当初は、くしゃみ、鼻水程度の症状しかないため、「
普通のかぜを引いた」と思われる方がほとんどでしょう。それくらい、百
日咳はごく当たり前に忍び寄ってきます。しかし、普通の感冒と決定的に
違うのはそこから先で、初期症状の出現から2週間ほどして徐々に咳が強
くなり、やがて発作のような激しい咳を繰り返すようになります。
 百日咳に特徴的なのは、その咳発作の現れ方です。しばらく激しくせき
込んでから、最後に笛を吹くような音を立てて息を吸い込んで終わる、と
いう一連の症状のあと、一旦はまったく楽になりますが、やがてまた同じ
ことが始まって、それを一晩のうちに何度も、そして何日も繰り返すので
す。
 大人でさえつらい咳発作が、まして乳幼児に起こるのですから、その際
には嘔吐や無呼吸を伴うことが多く、甚だしい場合には肋骨骨折や死亡に
至ることもあります。
 そして、こういった発作が2〜3週間続くとその後は回復期に入り、段
々と咳が治まってきますが、結局、症状が完全に消失するまで2〜3か月
かかることがあるため、「百日咳」という病名が付いたというわけです。
 百日咳は、百日咳菌という細菌に感染することによって起こり、マイコ
プラズマと同様、患者さんの咳などで感染します。治療もマイコプラズマ
とほぼ同じで、マクロライド系の抗生物質を使用しますが、やはり耐性菌
(従来の抗生物質が効かない菌)が問題となっています。

 ところがこの数年、百日咳を取り巻く環境は大きく変化してしまいました。

 さて、ここからは最新のお話です。
 元々は子供だけの病気というイメージのあった百日咳ですが、現在の我
が国において罹患する年齢層は、なんと小児よりも成人の割合の方が多く
なってしまったのです!
 2000年以降、徐々に増加しはじめた百日咳の成人罹患率は、201
0年に至りついに50%を突破してしまいました。つまり今現在、日本に
おける百日咳の患者さんの半分以上が、20歳を過ぎた大人ということに
なります。
この理由のひとつとして挙げられるのは、百日咳ワクチンの有効期間の問
題です。
 要するに、子供の頃に接種したワクチンによって体内に作られた免疫
(抗体)が、その有効期間を過ぎて効力を失いはじめたため、近年になっ
て大人の感染者が続出しているというわけです。
 そしてこの現象は、さらに新たな問題を惹き起こしています。それは、
大人から子供への感染が増加しているということ。
 大人が発症しても比較的軽症で済むものが、先述のように子供では重症
化してしまうため、百日咳は大人が注意をしていなければならない疾患で
あることに変わりはないのです。
            
(C)2000 The Soka Chamber of Commerce & Industry. All rights reserved.
E-mail:
sokacci@sokacity.or.jp
バックナンバー