kenkou_bunner.gif
■ 第87回 健康診断を活かす ■
〜知っておきたい「健康診断の基礎知識」その69〜

医師 小澁 陽司
 D石灰化巣
「石灰」とは、カルシウムのことです。
肺に炎症性疾患が起こり、それが長引いたり治癒してゆく過程で肺
の組織が壊れ、その部分にカルシウムが沈着してしまうことを石灰
化と呼びます。そして胸部レントゲン上、大抵の石灰化は円形か楕
円形の白い陰影としてはっきり塊状に写るため、これらの所見を石
灰化巣と表現するのです。
冒頭に書いたように、石灰化は炎症性肺疾患によって起こりますが、
石灰化巣を形成する肺疾患の代表的なものが結核です。結核は慢性
の炎症性疾患ですので、治癒に時間がかかり、その間に肺組織に変
化が生じて石灰化巣を作ります。治療薬の進歩により、現在の日本
において結核はかつての患者数ほどではなくなったため、石灰化巣
が認められるのは必然的にある程度ご高齢の方に多いのですが、勿
論若い方でも指摘を受ける場合は少なくありません。
また、結核以外の慢性炎症、例えば肺炎が長引いた場合などでも石
灰化巣は出現しますが、いずれのケースにおいても石灰化巣は炎症
の古い傷跡のようなものですので、もし健診でご指摘を受けても、
単に「そういう所見がある」ということで、大きな問題はないこと
がほとんどです。

 E空洞
前項からのつながりで、肺結核の時に認められる代表的所
見をもうひとつご説明いたしましょう。
結核は、発症してから未治療のまま放置してしまうと、病状の進行
に伴って肺の中に病巣の塊を作っていきます。それがどんどん大き
くなると、その病巣の内部が腐ってどろどろになってしまいます
(この状態を『乾酪壊死』といいます)。病巣は気管支に出来るこ
とが多いため、やがて気管支というダクトを介して中身のどろどろ
した成分が外に出て行ってしまうと、その病巣は中が空っぽの状態
になります。これが「空洞形成」と呼ばれる現象であり、胸部レン
トゲン写真ではっきりと分かる所見のひとつになります。
実はこの空洞が曲者で、空洞の中では結核菌が驚くほどたくさん増
殖しており、それらの菌が気管支を通ってどんどん外へ排菌されて
いきます。つまり空洞を持っている方は、周囲にいる人へ結核菌を
感染させる可能性が大きいということになるのです。
胸部レントゲン上、空洞を形成する疾患として有名なものは、結核
のほか、肺がん(主に扁平上皮がん)、アスペルギルス症(カビの
一種であるアスペルギルスが肺内で増殖し、菌球と呼ばれる空洞の
ある病変を形成します)、非結核性抗酸菌症、肺化膿症などがあり、
健診でこの指摘をお受けになった場合は、前項の石灰化巣とは違い、
絶対に精密検査が必要です。
            
(C)2000 The Soka Chamber of Commerce & Industry. All rights reserved.
E-mail:
sokacci@sokacity.or.jp
バックナンバー